樂韻夜風情(1991) ゲスト:許冠文、周星馳(下)

1991.09.20 Fri


※動画の続き⇒(

司会者(女):じゃあ、今後、お二人が映画で共演することはあるのかしら?
ちょっと考えてみて?そう言うチャンスがあるかどうか?
許冠文:私は考えていますよ!だって、そうなればスゴイ事ですからね。
その映画はシナリオなんて書く要ないですしね・・・
周星馳:(笑)好き勝手ね!
許冠文:そうそう!“好き勝手”やればいいわけでしょう!(笑)
司会者(女):そんな事ないでしょう!時々、シンチーを見かける事があるけれど、
シンチーは熱心にシナリオを読んでいたり、絵コンテを見ていたり、
それに沢山の事をやっているわよ!
周星馳:そういうのは、解説しなくていいですよ。(笑)
司会者(女):とにかく色んなことですよ!彼は台詞を考慮して、シナリオを変えたりとか・・・。
許冠文:さっきのはジョークですよ!実を言うと、先週私はシンチーと一緒に
ある作品に・・・特別出演したんですよ!
周星馳:そうですよ!もう撮り終えました。
司会者(女):『豪門夜宴』のことでしょう?
許冠文:そうです!『豪門夜宴』で、初めて彼と共演したわけですが、
彼は少しも“好き勝手”しているわけではない事が分りましたよ。
彼は、終始私の若かった頃のように、白髪になるまで何度も考えて何度も試して。
だから、彼の白髪が生えるのがこんなに早いのは、そう言う事ですよ!
彼の“好き勝手”は、実に難しい一種の“好き勝手”なんだと思います!
周星馳:どうもどうも

司会者(女):でも、お二人とも、まだ私の質問に答えてませんよ。
私の質問は、この先、一緒に映画を撮る機会があるかってことです。
許冠文:ありますとも!間違いなくあるでしょう!今は考えている所です。
周星馳:あると思いますよ。
司会者(女):本当に?
周星馳:本当は皆、そう願っているんですよ。だから可能性は大きいと思いますよ。
司会者(女):じゃあ、今は皆、考え中ってわけね!
許冠文:私は、問題ないと思いますよ!だって、私は二年にやっと一本撮るだけですが、
彼は、一年に56本撮るなんて問題ないですからね!
周星馳:私の方こそ全く問題ありませんよ!
だって、私は一年にあんなに沢山の作品を撮っているわけですから、
その中に一本ぐらいは間違いなくあなたとの共演作品があるでしょう。(一同爆笑)
許冠文:彼が暇な時に、私を訪ねて来てくれればいいんですよ!
「今日僕は暇ですよ!じゃあ、ちょいと撮っちゃいましょうか!」って。(一同爆笑)
司会者(男):でも、それじゃあマイケル、あなたが大変じゃないですか!
私は知っていますよ!あなたはシナリオを考えている時以外は、
旅行に行ったり、釣りに行ったり、また他にも色んな事を考えている・・・。
許冠文:だから、そんな簡単に好き勝手できないんでしょうがぁ!(笑)
彼のように、好き勝手できたらいいんですけど!
司会者(男):じゃあ、もしあなたが彼のようだったら、何も考えなくてすむのですか?
許冠文:そうですよ!理論上はそうですよ!ねぇ、明日時間ある?
周星馳:明日ですか・・・明後日にしましょう!午後だけですよ!(一同爆笑)

司会者(女):
では、真面目な話題に戻しましょう!
周星馳:さっきのは、真面目な話じゃなかったんですか?(一同爆笑)
司会者(女):さっきのも真面目ですよ!でも、まだ聞きたい事がありますから。
ここ数年、あたたは沢山の映画を撮ってきましたが、あなたが好きな作品、
或いは、満足しているのはどの作品ですか?
周星馳:私が気に入っているのは、『430穿梭機』をやっている頃に撮った
『黒白僵屍(キョンシードラマ)』と言うドラマです。
司会者(女):そうなの?じゃあアナタは、キョンシーを演じたの?
周星馳:はい。
司会者(女):ほう!じゃあなぜそんなに好きなの?
周星馳:あの作品は、私の中で最高の作品です。少し前まで再放送していましたが、
自分でもう一度見ても笑えるからです。私が今撮っている作品は、
後で見返しても笑えないのですが、『黒白僵屍』は、何度見ても笑ってしまうんです!
司会者(女):じゃあ、今度から注意して見てみないと!

司会者(男):あなたの作品には、ギャンブルを扱った作品が多数ありますが、
何か特別な理由でもあるのですか?それとも、単に今流行っているからですか?
周星馳:もう過去のことですよ。でも、私自身はギャンブルは全くやりません。

司会者(女):あなた方二人の理想は既に達成されたと、
世間の人たちには思われている事でしょうが、二人の次の目標は何かしら?
周星馳:私は、マイケルと一緒に映画を撮ることですよ!それが叶えば私は満足です!
許冠文:私だって、勿論シンチーと一緒に映画を撮りたいですよ!
ただ、シンチーは本当に私よりイイですよ!私なんて、未だに自分の作品を見に行く
勇気がないのですから。見に行ったとしても、笑えないと思います。
何が面白いんだって思ってしまう。だから、私は良いと思う作品は一本もありません!
周星馳:以前の『雙星報喜』とかは?
許冠文:とてもとても見られませんよ!誰かがテレビを付けて、
私の映画を見ている光景を目にしただけで、目を逸らしてしまうぐらいですから!
司会者(女):そうなの?じゃあ、つまり、観客たちと向き合う勇気がなくて、
彼らの反応を理解できないってこと?
許冠文:私は、自分は笑えないヤツだと認識しているんです。
見ると、なぜこんな物を作ったんだろうって思ってしまう。家にいる時、
子供がリビングでテレビを付けると、私はシャワーを浴びに行ってしまったり。
司会者(女):シンチー、あなたも確かそうだったわよね!
アナタも映画館で自分の作品が見られないのよね?
周星馳:『黒白僵屍』だけはいいですよ!
許冠文:だから、彼には『黒白僵屍』があるのですから、私よりはマシですよ!
私には、『黒白僵屍』のような作品すらないですから。(一同爆笑)
司会者(女):次の作品があるじゃない!

司会者(男):次の作品では、どのような題材を扱うのか、もう考えているのですか?
周星馳:ちょっとだけ話してよ!ダメですか?
許冠文:笑える物を作るのは難しいですよ!最近の・・あなた(男性司会者)が演じた
アレは別ですけどね!裁判する・・・あれはあなたの作品ですか?(一同爆笑)
司会者(男):それって、私が裁判官に扮するヤツですか?それとも、被害者の?(一同爆笑)
許冠文:でも、あの作品以外はダメです。他は面白いとは思いません・・・
周星馳:クスっ(笑)
司会者(男):では、次の作品の題材は、そういう方面のですか?
許冠文:次の作品は、この世には運命と言うものがあるのかどうかについて語るものです。
数多くの物事が、結局は運命によって定められているのではないかと・・・
周星馳:・・・ぉお〜!・・・それは面白い話ですねぇ!(笑)
司会者(男):撮影はいつからですか?
許冠文:来週です
周星馳:先週、あなたは明日から撮るってハッキリ私に言いましたよね?
許冠文:実は今日、もう少しだけ撮ったんですよ!
司会者(女):じゃあ、私たちも近い内に見られますね!
許冠文:旧正月の時でしょう!
周星馳:あなたのも旧正月ですか?私のも確か旧正月だったと思います。
許冠文:なんて言うヤツだ?
周星馳:分りません!まだ考えていないので・・・好き勝手ですからね!(笑)

司会者(女):今日はお忙しい所、ご足労頂き私どもの番組に出演して下さいまして、
本当に有難うございました。
許冠文:あ?もう終わりだって?
司会者(男):そうですよ!我々の番組は短いんですよ。
10数分なんてあっと言う間ですからね。
周星馳:まだ後で言おうと思っていた事があったのにぃ!
司会者(女):ホント?じゃあ残って下さいます?
司会者(男):マイケルが出演すると、少なくとも2時間はお話しになるのに!
今日はどうしたことでしょうねぇ?(笑)
周星馳:じゃあ、二人とも残りましょうか。
許冠文:本当にもう話しちゃいけないの?
司会者(女):ちょっと休憩して、後で続きを話してください。
許冠文:この番組こんな短いのに、2時間もあるだって?(一同爆笑)

【完】

日訳:管理人(Baakkei
COMMENT
NAME:

MAIL:

URL:

COMMENT:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/236176401
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。