バーチャル映像でリッキーと共演したい【動画】

2011.12.24 Sat

明報即時
高志森(クリフトン・コウ)司会の新番組に
ゲスト出演することになった許冠文。
1222日、その収録が行われ、
記者からインタビューを受けた。

※高志森司会のTV番組については、
過去記事(こちら)をご覧下さい。

※インタビューの模様(動画)⇒TV

以下、訳文になります。


記者:許冠傑をゲストに招く予定は?
高志森:勿論考えていますよ!まだ彼には聞いてませんけどね。
許冠文:許冠英をゲストに呼べないかとも考えている所です。
記者:ぉお〜!!
高志森:アハハ

高志森は、来年二月は、許冠文のトークショー、
4月には、許冠傑のコンサートが行われる事を明かし、
また、許冠文にもステージに上がって貰う予定だと言う。

また、今回のライブは、三兄弟が揃って舞台に立つことができない
最初の年になるため、許冠文はある考えを語った。

許冠文:リッキーを映像で登場させようかと・・・。
私は、ステージの上でパフォーマンスをするのが好きではない人間ですし、
皆さんもご存知のようにそう言う柄でもないので、
私はいつもそう言う事は、弟に任せていたんです。
皆さんには、私にだって代わりが務まるだろうと思うかもしれませんが、
私には経験が全くないわけですから、
いつステージに上がればいいのかも分かりません。
許冠英がいないのなら、いっそ彼の映像でも作ろうかと。
彼がその場にいるような、そういう感じが出せればなぁと。
勿論、今回は初めて許冠傑と私が・・・
つまり、三兄弟が揃って舞台に立つ事ができない最初の年です。
だから、とても特別な感じがします。

高志森:許冠傑のコンサートの中で、ある一部分になりますが、
できる限り三人が一緒にいるような感じを出したいと思っています。

許冠文:私のトークショーでもそうです!
映像と言うか、本当に彼の“シルエット”を作ってみようかと。
そしてそのシルエットは私に話し掛ける事ができるような・・・。

(日訳:管理人 Baakkei
 
COMMENT
自分のトークショーやサムさんのライブで生前のリッキーさんの映像と共演
…マイケル先生らしいアイディアですね。

日本でも亡くなったアーティストの映像と共演はありますが、香港でもBEYONDの再結成の時に生前の黄家駒さんの映像と残されたメンバーと共演というケースがあります。

映像関係だとサムさんの次男坊スコットが映像作家として活躍しているので、
彼の力も借りてうまく作成してみるのもいいですね。
Posted by よーこぶー at 2011年12月24日
素晴らしい記事をありがとうございます!

ブログで紹介させていただきました。
Posted by きんこん at 2011年12月24日
★よーこぶーさん

>日本でも亡くなったアーティストの映像と共演はありますが、
>香港でもBEYONDの再結成の時に生前の黄家駒さんの映像と残されたメンバー
>と共演というケースがあります
あ、そうです!そうです!別の記事ですが、記者もその事に触れていました。
「BEYONDの時のような立体的映像を使った演出にするのだろうか?」って。
日本の歌番組の技術も本当にスゴイですよね。
マイケルさんが考えているのは、いったいどんな感じなのでしょう。
思い通りのものが作れるといいですね。
スコットさん、頑張って〜!^^
Posted by Baakkei at 2011年12月25日
★きんこんさん

いえいえ、こちらこそ、お役に立てて光栄です!
やっぱりリッキーがいなくちゃダメだ、
兄弟揃って舞台に立ちたいと思う兄弟愛に胸が熱くなりました。
素晴らしい舞台になるといいですね☆
Posted by Baakkei at 2011年12月25日

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。