『男女戦争』 記者会見 【動画あり】

2011.12.30 Fri

m.hui20111230-8.jpg

【大公報より】

香港のボランティア団体

「生命熱線(いのちのホットライン)」を支援するための募金を募る

許冠文のチャリティー・トークショー『男女戰爭』が、

2012210、香港文化センターで行われる。

※詳細は、過去記事(こちら)をご覧下さい。

昨日(20111229日)は、その記者会見が

W ホテル(W香港)”にて行われ、

出演者である許冠文および、今回のトークショーで

舞台監督兼プロデューサーを務める

高志森(クリフトン・コウ)が出席した。


また、「生命熱線」の名誉スポンサーであり、また

実行委員会委員長である郭炳湘(ウォルター・クォック)の夫人と、

同じく生命熱線の実行委員である劉雄(ジョセフ・ラウ)の夫人も

応援に駆けつけた。


今回は、あくまでもチャリティーであり、

ノーギャラ出演は勿論のこと、

許冠文自身もチケットを購入しておりショーの当日は、

許冠傑も含めて許氏一家総出で応援に来ると言う。


募金の目標額については、

「特に決めていませんが、定額より高値でチケットを購入したいと言う

奇特な方がいらっしゃれば、より多くの募金が集まりますね」



【明報より

今回のトークショーは、一回キリの公演ですが、

追加公演の予定はあるのでしょうか?
「今の所、追加の予定はありませんが、またその時の反響を見て・・・。

でも、公演回数は、それほど重要ではありません。

もっとも大事なのは募金を集めることです!」




■トークショーの内容について


youku樂播報より】

「“生命熱線(いのちのホットライン)”で話を聞いた所、

自殺に発展する原因の半分以上が、

実は、男女間のトラブルなんだそうです。

それならばと、私はこの男女間の問題を中心に

“男女戦争”と言うテーマでトークをしてみようじゃないか!

と思ったんです。



【大公報より】

今回のトークショーの内容に関しては、

マイケル自身の体験談もあれば、

ニュースを見て感じた事についても触れるつもりで、

笑いながら次のようなエピソードを語った。


「中国では、目の前で人が車に跳ねられたとしても、

誰も手を差し伸べようとはしないそうです。

と言うのも、過去に、助けようとした人が警察に通報した所、

皮肉にも裁判で有罪にされてしまったケースがあるそうです。

裁判官は、親切で通報して来た人の事を、

事故を起こした張本人に違いないと判断したそうです・・・。

一方、私の妻は、その裁判官の考え方を参考にしているようで、

時に、私が妻のために夜食を買って帰ると、

優しくするって事は、私が外で女遊びをして来たに違いないって、

私の事を疑うんですよ」


記者から、

「それは前科があるからですか?」と聞かれると、

「ありませんよ!」と否定したものの、間髪を容れず、

「殆どありません・・・と言うか、試みた事はあります!」

と笑いながら暴露し、更には、こう付け加えた。


「でもそれは、友達に付き合って、友情出演しただけですよ!」

「では、その後、発展はありましたか?」

「私は単なる“友情出演”ですよ!どうして発展するんです?

そう言う事が起きるのは、“主役”の方ですよ!」



■許冠文流の夫婦道とは


高志森曰く、

「許冠文夫婦の関係は、既に“神の領域”に入った」


また、マイケル自身も、

夫婦の付き合い方について次のように語った。

「夫婦間で一番大切なのは、お互いを尊重して譲歩し合い、

また相手を笑わせることです」


「では、マイケルは、女性を落とす達人なのでは?」

と言う記者の問い対して、笑いながらこう答えた。

「容易ではありませんが、実はジョーク一つで、

女性を落とす事がデキルんですよ!

でも、私がその手を使ったのは一度だけです!

その相手と言うのが、私の妻なんです!」


(日訳:管理人
Baakkei

『男女戦争』記者会見@2011/12/29
生命熱線による写真⇒FBページ
 

※下の二つの動画はどちらも北京語で
インタビューに答えるマイケルの様子です。
和訳については、上記、或いはこちらに書いてある内容と
重複するので、割愛させていただきます。

東周網:⇒
TV

youku娱乐播报:

※動画が表示されない場合は⇒こちら

COMMENT
最近のマイケルの発言を聞いていると(このブログを通してですが)、「男女戦争」というタイトルも何となく頷けますね。

チャリティーということもありますが、是非とも成功して欲しいですね。

今年はこのブログを通して、いろいろとマイケルに関する情報が得られて大変感謝しております。来年も宜しくお願い致します。それでは良いお年をお過ごし下さい。
Posted by 馬場 at 2011年12月31日
★馬場さん

マイケル流の夫婦道、
実は私も参考にさせて頂いています。
以前は、文化や習慣の違いで、
頻繁に夫と口喧嘩をしていたのですが、
マイケルにならって考え方をちょっと変えるだけで
喧嘩する回数も減り、うまくいっています。^^
感謝感謝。

>チャリティーということもありますが、是非とも成功して欲しいですね。
そうですね!そして、少しでも多くの方が
関心を持ってくれたらいいですね。

こちらこそ、今年一年ありがとうございました。
馬場さまには、とっても貴重な情報を頂き、感謝しております。
来年もよろしくお願い致します。よいお年をお迎えください。
Posted by Baakkei at 2011年12月31日
Baakkeiさんあけましておめでとうございます(台湾では旧暦で祝うのでまだ日がありますね)。

いよいよ来月はマイケル先生のトークショーですね。
私は残念ながら未婚ですが、マイケル先生の夫婦道は私も見習いたいです。

4月にはサムさんのライブもありますし、2012年のホイ一家はリッキーさんの死という悲しい出来事を乗り越えての活躍に期待です。
Posted by よーこぶー at 2012年01月02日
★よーこぶーさん

新年明けましておめでとうございます!

マイケルの今年初のつぶやきを読んだのですが、
今回のトークショーに掛ける強い想いが伝わってきて、
今すごく感動しております。
2月10日のトークショー成功しますように☆
Posted by Baakkei at 2012年01月05日

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。