星級會客室 ゲスト: 許冠文、陳欣健 (後編)

2011.11.16 Wed

◆星級會客室 (Star Chatroom 2011)
【後編】2011年11月12日(土)放送
※収録日は、1010

m.hui20120111-1.jpg
東周刊 vol.429 発売日2011.11.16

※前編は⇒こちら

以下、日本語訳になります。



お互いの逸話を語り合う

周:お二人は、相手の欠点をご存知ですか?

陳:許冠文は、そそっかしい所があります!ある時、私が“西環”で撮影をしていると、
監督が許冠文にも見てもらおうと言い出したんです。
それで彼は、コーズウェイベイ(銅鑼湾)から車で来てくれる事になったのですが、
コーズウェイベイから私のいる西環までの道は、自家用車は通れないんですよ。

何時間待っても彼の姿が見えないし、電話しても誰も出ないし、

何かあったんじゃないかと私は心配になりました。

後で分かった事なのですが、あの道はバス以外通行禁止になっているのに、

案の定、彼は自家用車で入ってしまったんです。

それに気づいた通行人が「迂回しなきゃダメですよ!」と指示を出してくれたのですが、

彼ったら、許冠文に気づいた一般人が、スターに向かって挨拶で手を振っていると思い、
まるでイギリス女王のように華麗に手を振り返したそうです!

結果、警官に見つかって署まで連行されてしまい、数時間後、漸く釈放されたとか・・・。


許:陳欣健に纏わる笑い話と言ったら、それは彼自身も気づいていない事ですね。
私は、いつも一つの事しか考えられないので、一つの事に全神経を集中させるんです。
それが例え一時間であろうと、五分であろうとも、その時はその事しか考えない。
しかし、彼の脳ミソの中は、どんな時も常に10件、或いはそれ以上の事を
同時に考えているんです。一分刻みでもそんな調子なんですよ。
だから彼と話をしようと思うと、数分刻みで彼の所に電話が掛かってくるんです。
彼の方から連絡する事もあります。おかげで、彼とはなかなかユックリと
話をする事ができないんです。これが彼の悪い習慣ですかね。


兄弟愛

周:マイケル!あなたと共演した回数が一番多い役者は?

許:
許冠傑と許冠英です!

周:許冠英は、大きな子供ような方ですね!

陳:
彼の性格は子供っぽいですからね。
だから彼はとても幸せだろうと私は思いますよ。


周:
今でもそうなんですか?


許:
許冠英は、いつまで経っても成長しない子供です。
どんな事が起きても、ご機嫌取ってなだめてやりさえすれば元気になるんですから。
我々の場合は、そう簡単にはいかないでしょう!でも彼の場合は本当に簡単で、
二言三言慰めの言葉を掛けてやれば効果があるんですよ。
例えば、「オマエは一番いい子だ!」と言ってやるだけでイイんです。(笑)
彼は一番楽天的だから、幸せなヤツだと思いますよ。

周:
でも、彼は未だに独身ですよ!

許:
・・・・・・。

陳:
彼に結婚する気がないのでしょう!

許:
彼に合う相手を見つけるのは難しいと思います!
彼は利口なヤツですからね。賢すぎるんですよ!(笑)

動画 ⇒
TV


女性スターについて暴露

許冠文は長年映画を撮ってきて、女性スターとの共演も数多いが、

実は彼には、映画撮影において一つの鉄則があると言う。


陳:相手が大スターであろうが、主役であろうが、
許冠文は、
鉄則を破った者には厳しく叱りますね。
その鉄則と言うのは、
彼は遅刻されるのが嫌いなんです。
アニタ・ムイ(梅艶芳)なんて、
『神探朱古力(新Mr.BOO!香港チョコチップ)』
の撮影一日目、
つまり初日から許冠文に怒鳴られましたからね。
その時隣にいた私も、ものすごく恐かったですよ。
頼むからそんなに怒鳴らないでくれよって心の中では思ったんです。
彼女が辞退するんじゃないかって心配したんです。
でも実は、説教をしていただけだったんですけどね。
ただ、許冠文が説教する時と言うのは、物凄く恐ろしいんですよ。
まるで、ヒットラーみたいで!

許:私はいつも言っているのですが、
“遅刻をすると言う事は、単に時間が遅れると言う事ではなくて、
その行為そのものが、相手に対する尊敬の度合いを表しているんだぞ!”って。

陳:許冠文が阿梅(アムイ)に問題を指摘した後、
阿梅は、快く改善してくれたからよいのですが、殆どの人は、アムイに対しては放任的です。
勿論、アムイに対してだけではありません。だからそう言うスターは一向に改善しません。
映画撮影と言うのは、遅刻は絶対に許されません。制作費がバカにならないからです。
投資してくれる額が大きいわけですから、撮影の際には、十数人、いや、
何百人と言う人がスタンバイしています。その間、一時間単位でお金が支払われるので、
膨大な制作費が掛かっているのです。だからこそ、遅刻なんて絶対に許されないのです。


周:あなたが思う一番素晴らしい女優さんは誰ですか?

許:鍾楚紅(チェリー・チェン)です。彼女の演技は素晴らしい。
こちらが指導しなくても、相手に合わせてくれるんです。
また、彼女は
相手の演技の雰囲気に合わせて、自分の演じ方を変えてくれるんです。
それでこそ、インタラクティブな演技ができるし、新しい発見もあるからって。
アニタ・ムイ(梅艶芳)はもっとスゴイですよ!
あなたが求めている感じを彼女に伝えさえすれば、
彼女はどんな役だって演じきる事ができるのですからね。
彼女と『神探朱古力(新Mr.BOO!香港チョコチップ)』で共演した時、
「なぜ自分がこの役に選ばれたのかが分からない」と言っていました。
彼女は、私が文芸的(マジメ)な役を与えると思っていたみたいで。
それが蓋を開けてみたら、“ミス香港”を目指すおバカな女性の役だったので、
自分にはふさわしくないと思ったみたいです。
それでも彼女は、私にそのような才能があるかどうかは分からないけど、
やってみるわと言ってくれました。実際、彼女の演技は実に生き生きしていて、
結果、彼女はミゴトにやり遂げてくれましたからね。

陳:未だに覚えていますよ!劇中、婦人警官である彼女が、
ミス香港に選ばれた時のイメージトレーニングをすると言うシーンがあったのですが、
彼女はそのために受賞した時の様子を何度も練習していたんです。
大したものだと思いましたね。

(日訳:管理人 Baakkei
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/245448274
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。