許冠文の男女戦争 募金額は120万香港ドル

2012.02.24 Fri

香港のボランティア団体「生命熱線(いのちのホットライン)」を
支援するための募金を募るチャリティー・トークショー、
『許冠文(マイケル・ホイ)のスタンダップコメディ“男女戦争”
先日(210日)、香港文化センターで無事開催された。

ショーには、マイケルの奥様、ご令嬢、お孫さんは勿論のこと、
郭炳湘(ウォルター・クォック)の夫人を始め、
黄錦(メルヴィン・ウォン)と趙雅芝(アンジー・チウ)はご夫婦揃って、他にも、
鄭丹瑞(ローレンス・チェン)、楊天命、陳松伶、梁小冰、白韻琴、周梁淑怡、謝偉俊など
芸能界から政界まで各界の著名人が多数応援に駆けつけ、
募金額は、120万香港ドル(約1230万円)を超えたとか!

開演前には、マイケルのお孫さんから
マイケルお爺ちゃまへ花束贈呈のセレモニーが行われ、
娘さんからは、オキマリの水分補給の一幕があるなど、
満員御礼の場内は、いっそう温かい雰囲気に包まれたと言う。



ショーが始まると、今回のテーマ『男女戦争』にもある通り、男女関係については、
芸能ネタにも触れながらマイケル流のジョークが語られるだけでなく、
政府の高官や時事問題についてもお得意の風刺トークで批判しまくったマイケル。
また、許冠英についても思い出のエピソードを披露した。


マイケルの男女観 芸能ネタ篇

男女が付き合う上で大事なのは、“男性が女性の前で演技ができる事だ”と
ユーモアたっぷりに語るマイケルは今回も、金像奨(香港版アカデミー)で
最優秀俳優(影帝)、或いは女優(影后)に輝いた歴代の映画スター(自分を含めて)に
離婚した者はいない説を語った。
そしてこの話になると、ニコラス(謝霆鋒)・セシリア(張柏芝)夫婦の離婚騒動も
忘れてはならないジョークの対象となる。
「皆さん二人が離婚すると思っている方もいるでしょうが、復縁したとの報道も流れていますし、
離婚が噂されてから、もう二年が経っているわけですよ!二人は影帝と影后ですから
そう簡単には離婚しません。二人の復縁を祝福しましょうよ!」
と感慨深く語ったと言う。
また、この件でマイケルが最も納得がいかないのは、二人の離婚説が流れると、
皆揃って、陳冠希(エディソン・チェン)に責任を押し付けるかのように
彼の事ばかり騒ぎ立てる事だと言う。異なる女性スターと“ベッド写真”を撮るのは
彼らの自由であるとマイケルは考えており、陳冠希を支持すると強く主張した。

※マイケルの陳冠希ネタと俳優王は離婚しない説についての詳細は、
過去記事“こちら”をご覧下さい)


マイケル、孫の前でもピー発言!

ショーが始まるや否や、支持率がガタ落ちしている現香港行政長官
曽蔭権(ドナルド・ツァン)を皮肉ったマイケル。
「曽蔭権(ドナルド・ツァン)が再選を果たした当時のスローガンが
“我會做好呢份工(仕事をしっかりやる!)”ですよ!
これでも十分おかしな話ですが、その後掲げたスローガンが、“起錨(イカリを上げて!)”。
これなんてまさに、“散水(とっとと退散する)”と言っているようなものですな!」
と笑い飛ばした。

また、議論中不満があると“バナナを投げて反論する”でお馴染みの立法会議員
黄毓民(ウォン・ヨックマン)に対しても、「あれは、お芝居のようなものですね。
ただ、何度投げても一向に的に命中しないのですが・・・。
相手してあげている方の事を思うと頭が下がりますね」と嘲笑。ところが、
客席から大声で「バナナで命中させるのは容易じゃない」と言う野次が飛ぶと、
すぐさまスタッフを呼びつけたマイケル。著名人から頂いたお祝いの果物カゴがあるから、
そこからバナナを取ってくるよう命じ、バナナを手にしたマイケルは、
前列及び、上の階の観客目掛けて狙いを定めるように構えた。
すると観客は皆、お腹を抱えて大爆笑したと言う。

m.hui20120210-008.jpg


この他にも、衛生局局長周一嶽については、
彼が歌う『忘不了你(あなたが忘れられない)』は聞くに耐えないと批評し、
また、財政長官曽俊華(ジョン・ツァン)が発表した財政予算案についても揶揄した。
「“財爺(あだ名)”こと、曽俊華(ジョン・ツァン)が6000HKドル支給すると言う件(1)では、
大変な騒ぎになりましたが、“X街(ポッガイ)”ですな!」
と言って、最上級の侮辱言葉を浴びせたと言う。

※1:2011年のニュース
2010年、久々の大幅な黒字決算となった香港財政。ばらまき政策が盛り込まれた予算案が発表されたが、
期待はずれの、おかしな仕組みに市民から非難ごうごう。すると、反発があまりにも大きい事から、
予算案を修正、市民に現金6000HKドル(約62千円)を支給する事になったとか。

因みに、ショーの後、「お孫さんの観ている前で、ピー発言が出ましたが、
お孫さんの教育には問題ないのでしょうか?」と記者から問われたマイケルは、
「孫たちは、まだ分りませんからね!」と答えたそうな。


リッキーの思い出話に・・・

ここまでハイテンションで話していたマイケルだったが、
今は亡き故・許冠英(リッキー・ホイ)について触れると、
悲しみを隠し切れないようで、暗然と弟リッキーについて語り始めた。
ただ、話そうとするものの何度も言葉を詰まらせていたマイケル。
涙をぐっと堪えながらやっとの事で話し始めると、
「はぁ〜とても辛いですね。彼は、ホントに飛行機恐怖症で、
いつも席に着くと必ず安定剤を口にしていたんです・・・」

因みにこれは、ショーが終わった後、
記者の質問に答えていたマイケルの言葉である。

「今回のショーは、本当なら彼にもゲストで出てもらうつもりだったんですよ。
だから、彼に纏わる面白いエピソードを沢山用意していました。
でも、カットしたんです。トーク中にもし・・・私が突然・・・
私自身が笑えないかもしれませんし・・・いや、笑う気分になれませんからね・・・」

こうして、ショーが終わった後のマイケルは、
トークの途中、興奮して声を張り上げ過ぎたらしく、
かすれた声でインタビューに答えたそうな。

(日訳:管理人
Baakkei

翻訳の原文は、太陽報、星島日報、新浪樂、騰訊樂、香港文匯報より


※インタビューの動画はこちら⇒ @A
許冠文の男女戦争@2012/2/10
COMMENT
うわー翻訳うれしいです
先生まだまだお元気でよかった!おじいちゃんになってもピー炸裂!
Posted by tamtax at 2012年02月24日
マイケルさん、歳はとっても毒舌健在ですね。

香港行政区のおえら方にもこれでもか!というほど毒を吐いてました。
そういえば若かりし頃のマイケルさんは「雙星報喜(ホイブラザーズ・ショウ)」で英国統治下時代の香港政庁を風刺したギャグを飛ばしてましたね。

今回のお衣装は原始人風ですか…世の中に毒を吐きまくるマイケルさんでも亡きリッキーさんのハナシになるとしんみりでした。
Baakkeiさん、翻訳ありがとうございます。
Posted by よーこぶー at 2012年02月25日
引越しでドタバタしておりまして、返信が遅くなりました。
大変申し訳ありません!>_<


★tamtaxさん

>先生まだまだお元気でよかった!おじいちゃんになってもピー炸裂!
ホントそうですよね〜!
いくつになってもピーピーピーピー!
それでこそマイケル♪
この勢いで、ピー炸裂の?映画を撮って欲しいものです。
・・・∵:.(:.´艸`:.).:∵(笑)
Posted by Baakkei at 2012年03月06日
★よーこぶーさん

私は元々毒舌ネタが大好きなので、
だからマイケルにハマってしまったんだと思います。^^
それに、マイケルの場合は、
単に毒を吐いているだけではなく、
その裏に温かい愛が感じられるのがイイですよね。^^

>今回のお衣装は原始人風ですか…
この原始人ネタって、今回のショーだけでなく、
スタンダップコメディのパート2で披露されたネタですよね。
どんな内容なのか・・前々からすごく気になっております。^^
Posted by Baakkei at 2012年03月06日

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。