許冠文、親子三代で『クリスマス・キャロル・フェスティバル 2012』に出席

2012.12.04 Tue

※最終更新日時:2013/4/11 23:58

各メディアによって、報道内容がビミョーに異なりますので、

継ぎ接ぎしながら、一つにまとめてみました。

CDMF兒童發展配對基金(児童発達のためのマッチング基金)主催
チャリティーイベント「聖誕頌歌節2012(クリスマス・キャロル・フェスティバル2012)」の
記者会見が、2012121日の午前、中環天星碼頭の展望台で行われ、
許冠文先生は、奥様・息子夫婦・そしてお孫子さんと一緒にご出席。

これは、貧困児童を救うための募金を募るイベントで、
今年はゲストに許冠文先生を迎え、
「クリスマスは、貧しい子供たちを助ける事もお忘れなく!」
というメッセージを市民に向けてアピール!

記者会見の壇上で挨拶した許冠文先生は、
子供の頃の貧しい思い出を次のように明かした。

子供の頃、ダイヤモンドヒルの木造バラックに住んでいた時は生活が貧しく、
履いていた布靴に穴が開いた時でさえも、自分の力でなんとかしなければならず、
毎年新しい靴が買えるように、毎日のお小遣い(朝食代)である1ドルから、
余った僅かな小銭をコツコツと貯めていたと言う。

「確か、中学二年の時でしたかね、
穴が開いた靴を履いて学校に通っていたものです。でも幸い、
私は喇沙院(香港ラサールスクール)に通っていたので助かりました。
就学援助を受けていたので学費は免除されていたんです。
その後は、蘇屋邨 (※1に移ったのですが、
狭い一間に家族7人が犇き合うように暮らしていました。
その頃から私も、家族のために塾講師のアルバイトをするなどして、
また自分の大学進学のために貯蓄をするようになったんです」

1:香港の公営住宅。60年〜63年に建てられた。
全部で16棟あり、高さは8階〜18階のものまであり、総戸数は1500


こうして大学一年分の学費は貯まったものの、今度は食費代がなかったため、
進学途中の道端で倒れた事があると、彼は笑いながら言う。
それから、二年目の時には奨学金に頼る事にして、三年目には、
無綫(TVB)が開局したことにより、『雙星喜』に出演して学費を稼ぐように。

「このイベントに参加できましたこと、大変興味深く、とても嬉しく思います。
今は、政府と民間組織の援助がありますし、
同時に、子供たちに貯金の概念を教えています」



貯蓄の概念について、表情豊かに指導するマイケル

率直に、貯蓄はとても重要だと言う許冠文。
息子や孫たちには、小さい頃から貯蓄の概念を教え込ませているそうで、
自分の収入に応じて支出を決めると言う金銭管理を子供たちに教えるため、
例えば、孫娘には、玩具を買うには自分で貯金するように教育していると言う。

「例えば、彼女の誕生日が来ると、ほんの少しですが
私から“株券”をプレゼントするんです。その封筒は、貯蓄箱にしまっておくようにって。
こうやって彼女に小さい頃から概念を持たせているんです。
子供たちに“投資”という概念を与えるためです。
そして自分の力で貯蓄ができるように!」



また、クリスマス会の話題が出ると、記者から、
弟の許冠傑と一緒に過ごすご予定は?と聞かれ、
マイケルは次のように答えた。

「阿Samは、毎年クリスマスになると、
ハワイのビーチへ日光浴しに行くんです。
以前なら、私も彼と一緒に行こうと思えば行けたのですが、
今は、我々二人とも、一家の主ですからね。
孫も一緒に連れて行こうと思うと、なかなか時間が合いませんし、
大人数での移動になるので、一緒に旅行と言うのはなかなか難しいですね。
でも私は、クリスマスには、孫たちを連れて、
ダイビングに行きたいと思っています。孫に海底を見せてやりたいんです。
ここ(香港)でも海底が見られる内にね。」



【CDMFからのビデオレターより】

貧困と言うのは改善できます。
貧乏な家に生まれたら救いようがないと言うわけではない。
貧乏が何代に渡って続く、そうじゃないんです。
自分の力で立ち上がり、努力して、そして貯蓄をすることで、
貧乏から脱出する事ができるんです。


■動画⇒
映画
※冠文先生のメッセージは0:48〜1:03


 + + + + + + + + +
 日訳:管理人
Baakkei
 + + + + + + + + +

■CDMF聖誕頌歌節のFBページ カメラ
■インタビューの動画 TV  TV
聖誕頌歌節2@2012/ 12/1
| Comment(2) | EVENT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
COMMENT
マイケル先生、相変わらずお元気ですね。
幼少期に私たちの想像を絶するような貧困生活を送った経験から経済的に恵まれない児童のために恩返し…泣けるではありませんか。

蘇屋邨(日本のUR、旧公団住宅に相当)については阿Samも07年の特番で語っていました。
サムさんはクリスマスをハワイで過ごすんですか?うらやましいですね。ハワイには親戚もいらっしゃいますし、日本や台湾、香港と比べて年中暖かいしフルーツはおいしいし熱帯の花が咲き乱れて…癒されますね。

私ごとですが6日に新しい仕事に就きます。いつか貧困脱出を夢見て…。
Posted by よーこぶー at 2012年12月04日
★よーこぶーさん

マイケルさん、今年もあちこち飛び回って、ホントにお元気ですねぇ。
2011年7月以降のニュースは、当ブログでもだいたいアップしているのですが、
それだけ見てもお忙しそうで、半分隠居状態だなんて、トンデモナイですね!
因みに、まだアップしていませんが、2011年以前も結構ご活躍されているようで、
少しずつアップしていければと思います。

P.S.お仕事決まってよかったですね。
12月に入ってから、台北もいよいよ冬到来かな?
と言う感じなのですが、
日本はもう随分寒いようですね。ご自愛ください。
私もハワイで暖かいお正月を過ごしてみたいものです。(笑)
Posted by Baakkei at 2012年12月05日
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。