許冠文の男女戦争“加料版” 初日の募金額380万ドル超

2013.03.29 Fri

※最終更新日時:2013/4/3 01:37

二日間に渡り香港大會堂で行われた許冠文のチャリティー・トークショー
『許冠文棟篤笑“男女戦争”加料版』29日、無事に幕を閉じた。
※このチャリティーに関する詳細は⇒
過去記事参照
公演初日、及び最終日に関する報道内容はそれぞれ下記の通りである。


30日付けの報道は以下の通り

【香港文匯報】

トークショー終演後、報道陣のインタビューに応じたマイケルだが、
声はかすれ、疲れ切った表情を浮かべていた。
まだ風邪が治りきっておらず、そのため昨晩のショーは、
予定より少し時間を短縮したと指摘する彼だが、
ショーの出来栄えには満足していた様子だった。
それもそのはず、今回は『
亮睛工程(PROJECTVISION』のために
380
万ドルの寄付金が集まったのだから。
彼自身も最近になって初めて、中国には白内障で失明する患者が、
年間100万人もいる事を知ったと言う。今回のショーで得た寄付金も、
そういった患者の手術費に当てられる。また新たに購入した医療機器は、
今後もこのまま次の患者を救うために使われるであろう。

マイケルは、今回のショーについて追加公演は行わない予定で、
新たなトークショーに関しても年内は先ずあり得ないと述べた。
それでも、トークショーは毎年一回のペースで行う予定だと言う。
またその他にも、今年は葉念琛監督の新作『Delete Lover』への出演が
決まっている許冠文。王祖藍との共演で、彼のボスを演じる予定だ。

補足:
【明報より抜粋】

今回のショーで得た380万ドル超の寄付金で、少なくとも
中国にいる一万人の白内障患者が治療を受けられる事になる。
許冠文は次のように述べた。

「この寄付金は、患者を助ける以外に、医療機器を提供し、
現地の医師を育成するのにも役立てるつもりです。
一人を救う事は、その家族全員の負担を減らす事にもなるでしょう」


今回二日間に渡るトークショーを終えたマイケルだが、
新たなトークショーの予定については、暫くは無いと語った。
ただ、彼にとってトークショーは趣味の一つなので、
年に一度はやりたいという考えを示した。
また、もう何年も映画に出演していない彼だが、
今年は葉念琛監督の新作に出演が決まっており、
7
月には撮影に入る予定だと明かした。



29日付けの報道は以下の通り。

【春天舞台、蘋果日報、
香港中國通訊社、太陽報、東方日報を参照

初日(28日)は、視覚障害者を支援するためのチャリティー公演であり、
会場は、支援しようと集まった温かい観客でいっぱいに埋め尽くされた。
その中には、陳寶珠、梅雪詩、陳ト芸、白健恩、陳逸璇、彭晴、
李家仁医師、林順潮、梁愛詩、高志森、趙永洪、田(田雞)など、
各界の著名人の姿も。

また、ショーの途中、お孫さん二人から花束を渡された許冠文。

更にはお孫さんたちと一緒に“江南スタイル”を踊る一幕も見られた。

カメラ

29
日のステージでは、聾唖者のために、
いつもとは異なるパフォーマンスを用意していると言う。

許冠文はこう話す。
「私は嘗て白内障を患った事があるのですが、簡単な手術で回復しました。
聴覚障害であろうと、視覚障害であろうと、社会と言うのは(障害者と健常者が)
共に助け合い皆が対等に暮らしていける、そう言うものであるべきです」


今回は、視覚障害者及び聴覚障害者にも、皆と同じように
楽しんで頂けるようにと、手話通訳者を会場に招き、
香港では初となる同時通訳を交えてのトークショーとなる予定だ。

生の手話通訳に大きな期待を寄せる許冠文は、こう語る。
「もし、私が自ら手話を使って二時間のショーをやる事ができて、
それで皆をハハハと笑わせる事ができたら、スゴイ事だと思うんです!」



【頭條日報】

亮睛工程慈善基金による中国の貧困白内障患者に対する治療プロジェクト、
“扶貧復明工程”を支援するために行われた許冠文のチャリティー・トークショーだが、
今回集まった寄付金は、380万ドルを超えた。
これで少なくとも、中国にいる一万人の白内障患者が治療を受けられる事になる。
許冠文は次のように述べた。

「この寄付金で、大陸の貧しい地域に眼科医療設備を提供し、
また白内障手術を行う医師の育成に当てることで、
貧しい白内障患者を救う事ができるでしょう」



東方電視 new06-01.gif

今回のトークショーで、手話の同時通訳が行われた事については、

“次回は是非、手話のみのトークショーってのもイイですね。それなら、
こんなにシンドイ思いをする事(声がガラガラになる事)もないでしょうから”
と笑いながら話す許冠文。とは言え、今回の反響も上々と言えるもので、
許冠文はまた、とても満足していると語った。

  「彼らは、話の一つ一つを注意深く聞いていましたよ。
  半分はジョークとして、半分は道理に納得しながら、
  興味深そうに聞いていました」


――でも、追加公演はやらないんですね?次のトークショーのご予定は?
  
  「暫くは・・・」


――次はどういうヤツを、或いはテーマとか・・・
  
  「暫くは・・・え、あー。・・・・・・・・・・・・今年はないですね。

  と言うのも、恐らく7月は映画の撮影がありますので」

――年に一回のペースでおやりになろうとかは?
  
  「私は、そうしたいと考えているんですよ(笑)」



 + + + + + + + + +
 日訳:管理人
Baakkei
 + + + + + + + + +

関連動画 ⇒
TV TV TV TV new06-01.gif
関連fbページ ペン
許冠文棟篤笑男女戰爭─加料版@2013/ 3/28-29
COMMENT
記事アップ、いつもありがとうございます!

チャリティライブ、成功したようですね!
Posted by きんこん at 2013年04月02日
★きんこんさん

そのようですね!^^ 集まった寄付金も、
前回の男女戦争と比べて倍以上に!
いやぁ本当にすごいおじ様ですね。^^
風邪がまだ治りきっていないと言う事で
ゆっくり休んで欲しい所ですが・・・恐らく今日も
アクティブに動いていらっしゃる事でしょう。(笑)
Posted by Baakkei at 2013年04月03日
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。