紅星大獎2013 【インタビュー&スピーチ内容】

2013.05.03 Fri

2013428日、Marina Bay Sandsにて行われた
『紅星大獎2013Star Awards)』第2部の授賞式で、
プレゼンターとして登場した許冠文先生のスピーチ
及びインタビュー内容について。

授賞式は、広東語ではなく北京語で行われたので、
動画(
こちら)を元に日本語に訳してみた。

※マイケルさんの言葉をそのままお伝えしたいので
出来る限り逐語訳するよう努めました。
また二箇所、どうしても聞き取れない箇所があり、
“○▼※△☆▲※◎★●”で誤魔化してあります。(笑)



XINMSNによるインタビュー

冠文:XINMSNをご覧の皆さん、こんにちは!私はマイケル・ホイです。(ニコリ)


記者:
イ先生にちょっとお伺いしたいのですが、
冠文:(深く一息つく)
記者:えー、シンガポールの芸能界に対して、どのような印象をもたれましたか?
プレゼンターとしてだけではなく・・・


冠文:とても興奮しました!なぜなら、先ほど・・・シンガポールで最も優秀とされる
・・・役者さんを拝見しまして・・・、受賞の有無は別・・大して関係ありませんよ!
ただ彼らが演じた作品を見て、技術方面にしても、演技、音響効果にしても、
出来栄えが素晴らしいと思いました!
これならシンガポールの未来は・・・、映画・TV業界の発展について言えば、
私はチョッ・・大きな進歩だと思います!大いに期待されますよ!(笑)


記者:では、主役を演じる者として、俳優・女優にはどのような条件が必要だと思われますか?

冠文:それを例えるなら、先ほどステージ上でお話した条件の通りです。
つまり・・・演技の仕方は、今と昔とでは違います。(今は)観客の要求が非常に高い。
彼らは、新しい演出方法を望んでいます。
だから我々は毎回演じる度に考えるわけです。笑う・・・喜びながら笑うのか?
何通りの笑い方があるのだろう?どういう風に笑おうか?って。
それから・・・悲しい時は、泣くべきなのだろうか?泣かないってのもアリかな?
泣かずに表現した方が、もっと深みのある芝居ができたりして?
これは我々役者が今後も努力しなければならない所です。
この点については、先ほどステージ上でもお話したんです。


記者:では・・・、あなたの近況についてお聞かせ願いますか?
随分長いこと・・・○▼※△☆▲※◎★●


冠文:そうです!皆さんこんにちは!
私の近況・・・と言う事なので皆さんにご報告しますね。
長いこと映画を撮っていませんが、私も皆さんが恋しいです。
私は元気ですよ!普段からいつも脚本のことを考えていて、
新作を撮って皆さんにお届けしたいと願っています。
それで・・・今年の7月なんですがね、私は、・・・つまり・・・2ヶ月後ですね。
新しい映画の撮影が始まります。・・・監督は私ではないのですが。
Delete lover/刪除愛人』と言うコメディです。
嫌いなヤツは、デリートしちゃえばいい!と言う話なんです!(笑)
・・・この作品は、別の監督が指揮するもので、私の考えた話ではないんですよ!
それから・・・年末にはね!ひょっとしたら〜ですけど、今年の年末には、
私が再び監督を務める映画をまた撮るつもりで・・・
お馴染みのスタイルの映画を皆さんにお届けしますよ。OK
?(笑) うん。


記者:わかりました!では・・・シンガポールを題材とした作品、或いは
シンガポールを舞台に撮影をしようとは考えていないのですか?
またはどう思いますか?


冠文:今回、私は純粋にプレゼンターとして来ただけですので!
それに今回は妻も一緒なんです。彼女はドリアンが大好きなもので。
明日は早速ね、ドリアン探しに出かけるんですよ。(笑)
私は“海南鶏”が大好きなんですけどね!えーえーですので今回は、
出来る限りお腹いっぱい海南鶏を食べて帰るつもりです。(笑)
とにかく、またすぐに皆さんとお会いできますよ!




■レッドカーペットでのインタビュー

司会:ホイ先生、こんにちは!
冠文:どうも!皆さんありがとう!(歓声に応えてステキに手を振るマイケルさん)
司会:我らがマイケル・ホイ先生にお会いできて、本当に嬉しいですねぇ。
今回のシンガポール訪問ですが、今現在までのお気持ちは如何ですか?


冠文:とってもキモチがいいです!昨晩は“海南鶏”を鱈腹頂きました!
食べ過ぎるぐらいね!ハッハッハッ!(笑)

司会:・・・OK!皆さんもご存知ですよね!マイケル・ホイ先生と言ったら
“冷面笑匠”(クールな喜劇王)じゃないですか!それに、
コメディを撮ることに長けていらっしゃるじゃないですか!
あなたにとってコメディを演じる事は簡単なのですか?それとも監督する方が簡単ですか?


冠文:コメディを演じるのは、とっても簡単ですよ!
テキトーに笑ってればいいじゃないですか!ハッハッハッ(笑)


司会:(笑)

司会:そんなご謙遜を!
でもあなたのコメディには何らかの意味が含まれているんですよね!
だから、スゴイのはそう言う点だと私は思うんですよ。
笑いがあって、それも興味深い笑いなんです!


冠文:・・・そうです。コメディってのはですね・・・常に私の生活の中にあって、
私が見た面白いものをストーリーにすると言う、それだけの事!つまりですね・・・
・・・えー・・・どんな事でも私には面白いと思えるって事です。
け、携帯だって・・・!携帯に電話が掛かってくる度に、皆言うんですよ。
どこにいるんだ?誰と一緒なんだ?何してるんだ?って。


司会:へぇ〜

冠文:おかしな話ですよ!そんなの私の勝手でしょうが、そうでしょう?
どんなジョークも、私の普段の生活の中にあるんですよ。


司会:だから“日常生活化”していると言う事ですね!
司会:非常に庶民的なんですね!シンガポールの観客も皆、
我らがマイケル・ホイ先生の姿を見られてとても喜んでいる事でしょう!
シンガポールまでお越し頂き有難うございます。




■授賞式でのスピーチ

司会:続きまして、最優秀主演男優賞及び女優賞の発表です。
プレゼンターをご紹介致します。香港からのゲスト、
冷面笑匠(クールな喜劇王)ことマイケル・ホイさんです。


許冠文:(マイクを調整)え〜皆さん今晩は!えー今日は、この場にお招き頂き、
えー
最優秀・・・“俳優賞”のプレゼンターを務めさせて頂きます事、とても光栄に思います。
(マイクを調整)
それから確か今晩は、全シンガポールで最も優秀な・・・えー・・・芸術家が
前列に座っているんですよね。そうですよね?ハッハッ!(笑)


(前列席のスター笑顔)


許冠文:だから本日はですね、私はとりわけ光栄に思います。
それでは、(ここにお集まり頂いている)皆さんは内輪の人ばかりですので、
今晩は我々にしか分からない話を幾つかしたいのですが、よろしいですか?(
)

(客席から笑い)

許冠文:ひょっとすると、外部の者には理解できないかもしれませんよ!(笑)
実はですね、私の秘密を持って来たんですよ。
私が思うに、今や、その・・・最優秀・・・“俳優賞”を受賞すると言うのは、
以前に比べて、とってもとってもとっても難しい事だと思うんです!
以前と言うのはいつの事かって?私が言う以前と言うのは・・・
半斤八兩…邊有半斤八兩咁理想の時代ですよ!
(ニコリ)
覚えています?覚えている方は拍手しましょう!


(客席から拍手 皆笑顔で嬉しそう)


許冠文:何故あの時代なのか!なぜあの時代は簡単に受賞できたのか?
なぜならあの時代は、演技
(マイクを調整)・・・芝居がとても簡単だったのです。
表情ですよ!嬉しいなら笑い、悲しいなら泣く。それでよかったのです!
今はと言うと・・・今は全く違うんですから、皆さんに教えてあげますよ。
私自身もこの問題について考えているんです。
皆さん考えてみて下さい。昨今の“悲しい”と言うのは、どういう感じなのか?
私の妻を見てくださいよ。毎晩、麻雀でボロ負けして帰ってくるんです。(笑)


(客席から笑い)

許冠文:負けた時の彼女の表情はどういうものか!
それは、「アハハ・・・ハハッ・・ハハッ・・ハハッ・・アハハハ・・ハハッ」って。
私は妻に尋ねましたよ。「お前、今日はどうしてそんなに嬉しいんだい?」と。
彼女は言ました。「ハハッ・・・なぜってボロ負けしたからよ!ハハッ・・ハハッ・・」


(客席から笑い)

許冠文:ちょっと!今のボロ負けした時の表情ってのは、“笑う”んですよ!
・・・・・・・・・・・・どう思います?我々役者は、どうしたらそんな演じ方をを思いつくでしょうか?
皆さんはどう思います?ね、以前より難しくないですか?とっても複雑でしょう!違います?


(客席ニンマリ)

許冠文:反対に、例えば “悲しい”!悲しい時、以前は“泣く”それでよかったんです。
昨今の“悲しい”と言うのは、昨日私が見たあの・・・
○▼※△☆▲※◎★●な芝居ですが、
彼の表情は
(苦しそうな仕草をしてみせるマイケル)
まるで痙攣しているみたい!

(客席から笑い)

許冠文:言い換えると、悲しい時の演技、今は“痙攣”するんです!
私には思いつきませんよ。とっても難しいでしょう!
しかし、今年はお二方が(その難しい賞を)受賞されるわけです!
そのお二人と言うのは、つまり今晩の最優秀俳優ってわけです。
それではまず、今晩の最優秀主演女優にノミネートされた方々をご覧頂きましょう、
OK
?・・・・・・・・・あ、まずはVTRを!

VTR上映

許冠文:受賞したのは・・・(マイクを調整)

(客席から大きな声援が飛び交う)

許冠文:OKOK!分かったよ分かった!OKOK
皆の想像は・・・・・・私が聞こえたのは・・・はい、
・・・どうやら皆さんの想像は当たってるようですね!
受賞したのは・・・瑞恩さんです!おめでとうございます。



:(省略)
: 


許冠文:
では今晩の最優秀・・・主演男優賞に輝いたのは・・・
先ずはVTRを見てみましょう!いいですか?
(ニッコリ)OK

VTR上映

許冠文:受賞したのは・・・・・・

(客席から大きな声援が飛び交う)

許冠文:どうして皆分かっちゃうんです?皆、知ってるの?
ハッハッハッハッ 李銘順さんです!おめでとうございます。



 以上。

 + + + + + + + + +
 日訳:管理人
Baakkei
 + + + + + + + + +

| EVENT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。